2006年02月03日

日本酒ビンテージ物語

最近酒造年度(BY)の表示のある日本酒を見かけるようになりました。
しかし、まだまだ、少数です。何故でしょう?

伝統的に日本酒は、1年で飲みきるものでした。
1年経った酒と新酒の酒とでは、あまりにも酒質が違うので、端境期には新酒と古酒をブレンドして大きく味を変えないようにしていました。

これでは酒造年度は表示できません。

しかし年度を表示しない一番大きな理由は、長く熟成させる酒を造る必要を感じていなかったからです。
長く熟成させてよくなる強い酒を造るには、手抜きの無いしっかりとした造りが必要です。

また、早く売ってしまうほうが、経営的に楽です。

鳥取県の某蔵で純米吟醸をお酒を熟成させて6BY、7BY、9BYを飲み比べたところ、7BYより6BYの酒の方が若いと言う現象が出来ています。

当然のことながら、日本酒は毎年に違った気候で、違った質の米で造られます。
結果、毎年程度の差こそあれ、違ったかたち、年の個性があります。
違うことは悪いことではなく、まさしく個性です。

酒造年度毎の酒がもっとたくさんあったら楽しいと思います。
posted by umaiosake117 at 12:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日本酒の賞味期限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月30日

A本醸造

アルコールを添加した、醸造酒とは言えないお酒なのに、本醸造とは何故?
お上のやることはわからない!
アルコールが添加した分、焼酎に近くなって、長く保つと言う説もありますが・・・
まあ1年をめどに早く飲んで下さい。
posted by umaiosake117 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日本酒の賞味期限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

@普通酒

いろいろなものが入った、いわゆる何でもありの世界のお酒です。
置いていても良くなる訳もなく、急速に劣化していきます。
早々に飲みきって下さい。

でも、あんまりたくさん飲みすぎると次の日頭がガンガンするかも・・・・
封を切っていない普通酒があれば、それは飲むことはしないで料理酒か疲れた時に酒風呂にして下さい。
posted by umaiosake117 at 18:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日本酒の賞味期限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

基本的な考え方

よく、日本酒の賞味期限は1年だと思っている人がいます。
次年度の酒が1年後に出回ってくるから、それまでの命・・・・・と、なんとなく思い込んでいるようです。

日本酒には、原則的として普通の食品のような賞味期限はありません。
ただし、いつまでも美味しく飲めるかと言う意味でしたら賞味期限はあります。

1年経ったお酒、2年経ったお酒が飲めますかとの質問がたくさんきます。
飲めますかと聞かれれば、味を文句言わなければ十分飲めます。

封を切っていないお酒でしたら、2年、3年経っていても飲んで腹を壊すような事はありません。しかし、封を切って中味のお酒が半分ぐらいの状態で1年、2年経っていると、飲めないことはありませんが、飲んでも美味しくないと思います。

でも、料理酒や酒風呂等には十二分に使えますから捨てないで下さい。
posted by umaiosake117 at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日本酒の賞味期限 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。