2006年01月30日

精米歩合による怪しい分類

日本酒を「精米歩合」で分類してみました。
これはまた怪しい分類です。

精米歩合とは玄米を削った後の白米の量を示しています。だから精米歩合が40%と言うのは玄米を60%削って、残った白米が40%ですよとしましています。

ここまで削るとぬかは茶色ではなくて、白いぬかが出てきます。
これでせんべいを作っていますから、新潟県等の県には製菓店が多いのです。

@大吟醸 精米歩合50%以下

と言う事は精米歩合が50%いかであれば、全て大吟醸と名前が付けられるのです。
蔵によっては精白が45%でも大吟醸と付けない蔵もありますが、大吟醸と言う名前が好きな蔵(名前では売れないのに)は精白が50%以下なら全て大吟醸と名前を付けています。

A中吟醸 精米歩合50%〜60%(これは蔵の中だけで呼ばれているの物で普通は呼びません)

B普通吟醸 精白60%以下

C純米酒・本醸蔵 70%以下

安い純米酒を造ろうと思えば、安い米を買って、純米酒と名前が付けられるように精白歩合を70%にして造れば純米酒と呼べます。

さらに悪質なのは、ぬかから造ってこれはさすがに純米酒とは呼べないから、悪の知恵!米だけの酒と売っている蔵もあります。

国はぬかは米から出た物だから、拡大解釈して米と考えています。
だから最近は酒かすが出ないお酒が多いのです。ぬかから造れば酒かすなんか出ませんよね!

D普通酒 精白歩合 73%〜75%

普通酒は特にこれに醸造用アルコールをじゃぶじゃぶ入れて、砂糖も入れて、調味料もばんばん入れて量が元の三倍にもなります。

これを飲んで次の日頭が痛くならないはずがありませんよ〜
ホテルや大手居酒屋チェーンでは使っているところがまだたくさんありますね。


posted by umaiosake117 at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日本酒の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月25日

吟醸酒

吟醸酒は酒造りの技術向上、新酒の開発を目的とした、全国新酒鑑評会用として生まれたお酒です。

特徴の一つは精米歩合!

米の表面の脂肪やたんぱく質など、いわゆる酒の雑味の原因となるものを60%以下に削り落とし、芯のでんぷんだけにして、米の旨味を最大限に生かす精米方法をとっています。

精米歩合50%と言うと玄米を50%削って、50%を糠にします。
精米歩合35%というと玄米を65%削って、65%を糠にします。

二つ目は

仕込み温度を10度以下にしてゆっくりと低温発酵させ、30日以上かけて発酵させることで吟醸酒特有のフルーティな香りと味わいが造りだされます。

吟醸酒は醸造アルコールを添加しているか、していないかで、本醸タイプ純米タイプの2つに分けられます。
posted by umaiosake117 at 19:30| Comment(1) | TrackBack(0) | ■日本酒の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本酒の種類って知っていますか?

ひと口に日本酒と言っても、原料米や造り方の違いによって、日本酒は大きく

吟醸酒純米酒本醸造酒普通酒に分けられます。

日本酒の種類は原材料、製造過程でいくつかの種類に分けられます。

原材料だけで分類すると

@米と米麹、水だけで造られた「純米酒」

A純米酒に醸造アルコールを加えて造った「本醸造」

B増産のためにたくさんの醸造アルコールを加えたり(アル添酒)

さらに糖類や調味料を加えて(アル添三増酒)造った普通酒

の3タイプです。

添加と言うと、悪いイメージをもつ人もいますが、醸造アルコールは、香りを調整したり
また貯蔵中に酒が腐るのを防ぐ働きももっています。



posted by umaiosake117 at 12:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ■日本酒の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。