2006年02月12日

純米酒と呼べない純米酒「米だけの酒」

現在、純米酒と表示出来るのは「精米歩合70%以下の白米、米麹、水を原料とした清酒で香味
及び色沢が良好なもの」となっています。

つまり、米麹および米を原料としていても前記の条件に合わなければ純米酒と表示できないので、これらの酒を「米だけの酒」と表示する事が多くあります。

では、現在全国各地で製造されている「米だけの酒」とは一体どんなものでしょうか?

まず!一例として精米歩合があげられます。
純米酒と表示するには、使用する白米を全て70%以下でなければいけませんが、削っていないお米を使っているためにこのように表示しているお酒もあります。

これはまだまだ良い方です。

法律上の白米とは農産物検査法により三等以上に格付けされた玄米と定義されていますので、それ以外では無添加でも純米酒とは呼べません。

最悪はぬかで作ったお酒も純米酒とは呼べないけど「米だけの酒」と表示している場合も有ります。
posted by umaiosake117 at 17:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ■お酒のトリビアの泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。