2006年01月31日

「どぶろく」と「にごり酒」は一緒?

「どぶろく」って知っていますか?あの白くて濁ったお酒ですよ!
白くて濁ったお酒って「にごり酒」と言うのもありましたね!
「どぶろく」と「にごり酒」の違いって判りますか?

「どぶろく」も「にごり酒」も、どちらも白く濁ったお酒です。しかし、基本的に似て非なるものと言っていいです。
「どぶろく」は原則的に「搾らず・」濾さない」もろみの酒のことです。

「どぶろく」の製造・販売が許可されているところは全国で数箇所あるが、いずれも神社に限られています。

一方、「にごり酒」はもろみを搾って出来たお酒のことです。

「にごり酒」は日本酒ですが、「どぶろく」は酒税法上はその他の雑種と言うように分類されます。

九州で初めて佐賀の幸姫酒造さんが「どぶろく」の製造・販売免許を取って製造販売しています。超限定販売です。
posted by umaiosake117 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(1) | ■お酒のトリビアの泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12567269

この記事へのトラックバック

酒税法
Excerpt: 酒税法酒税法(しゅぜいほう;1953年|昭和28年2月28日法律第6号)は酒税の賦課徴収・酒類の製造及び販売業免許等を定めた法律。1940年(昭和15年)に制定された旧酒税法(昭和15年法律第35号)..
Weblog: 日本の法律について
Tracked: 2006-02-02 06:22
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。