2006年01月29日

割り水燗を極める

日本酒はストレートで飲むのが当たり前。お湯割り・水割りなどもってのほかと思ってはいませんか?基本はそうですけど、しかし、少量の水で割って燗づけするとやさしい口当たりになります。

お酒に弱い人や疲れ気味なとき、あるいは中途の口休めになります。

その時のポイントが二つあります。

一つは割るための水です。
一番の理想は、飲むお酒の仕込み水が最高ですけど、これはなかなか難しいです。
その場合は市販の天然水で十分ですが、都会の場合は水道水はやめてください。

二つ目はお酒と水の順番です。
必ずさきに水を入れてください。「酒に加水」ではなくて「水に加酒」です。

割り水の後のアルコール度数は12〜13%が一番良いようですが、これはあくまでも目安ですので、飲んで「ちょっと水っぽいな」と思ったらお酒を足してください。

また、水ではなくてお湯をブレンドすれば待つことなく、たちまち割り水燗が出来ます。
posted by umaiosake117 at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | ■燗酒のすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。